由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

プレミア12 準決勝敗退 国際試合は甘くなかった!

      2016/01/11

プレミア12の対韓国戦、惜しくも3-4で負けてしまいました・・・。

大谷投手が7回までほぼ完璧なピッチングをして、8回の則本投手も3三者凡退で片付け、打線はなんとか3点もぎ取って、あとは9回を逃げ切るだけ、といったところで4点一気に取られて逆転負けです。

3点リードの最終回に一気に逆転されるのは非常に珍しいことです。
おそらくペナントでも各チーム年に1,2回起きるぐらいの確率だと思います。

8回に投げた則本投手がそのまま9回も続投という形になりましたが、これが裏目になっちゃいました。

もともと抑えは松井投手が担っていたのですが、不安定な投球を繰り返していたので、8回安定していた則本投手をそのまま行かせた方が勝率が高いとベンチは判断したのではないでしょうか。

しかしながら国際大会故のプレッシャーなのか、8回と同じようには行かず韓国打線につかまってしまいました。

やはり、今大会ではきちんとした抑えを作ることが出来なかったのが敗因だと思います。松井投手が不安定ならば、増井投手、山崎投手、澤村投手といった一流どころが控えています。

彼ら3人も立派にシーズン中抑えをつとめてきました。

練習試合や予選の中で、きちんと抑えを決めることができれば、また違った結果になったかもしれません。

とはいえ、これは結果論。

侍ジャパンのメンバーは日の丸を背負って立派に戦ってくれました。

負けたことは残念ですが、次の課題が見つかったとポジティブに考えましょう。

小久保監督をはじめとする侍ジャパンのみなさん、おつかれさまでした!

 - プレミア12