由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

期待のルーキー、重信慎之介

   

2月に入ってから、暗い話ばかりしていた気がするので、今日は明るい話題です。

ドラフト2位で入団した、重信慎之介外野手がキャンプで素晴らしい活躍を見せてくれています。

由伸監督も報道ステーション等のメディアで重信の名前を出して、全ての面で想像以上に良いと最大級の評価を下しています。

この重信選手が公式戦でどのような役割を担ってくれるのか、考えてみることにします。

ニュース等で見るだけで実際のプレーはまだ見ていないのですが、重信選手は特に以下の二点で評価を上げています。

  • 足が速い
  • 打撃が良い

走力は相当のもののようで、18日の韓国LG戦ではライトフライ時に1塁から2塁にタッチアップを決めたそうです。

どのようなシチュエーションかは映像を見ていないので分かりませんが、1塁からのタッチアップは中々できることではありません。

走力だけでなく、判断力と胆力も合わせ持っていると見て良いでしょう。

打撃力の方も、5試合連続安打継続中とのこと。

しかも昨日までの4試合はいずれもマルチヒットとのこと。

ピッチャーの方が仕上がりが早いといわれるこの時期に、ヒットメーカーになっているのは頼もしく感じます。

さて、この重信選手は公式戦でどのような役割を果たしてくれるのか?

スタメンで出るとすれば、2番センターが一番妥当なところと思います。

今日のオープン戦では打力を買われたのか1番を担当したようなのですが、1番か2番のいずれかが適任であることは間違いなさそうです。

ただ、この選手は長打力はそれほどありません。

この手の「俊足巧打タイプ」でかつ非力な選手は、足が速くてヒット率が高いこと以外にも、あと1つ2つ特徴が無ければスタメンは難しいと考えます。

(これだけでは見ていて面白くない。ファン的に。)

ジャイアンツでいえば鈴木尚広選手や松本哲也選手にタイプが近いのでしょうか。

彼らはおせじにも「巧打」ではなかったのですが、鈴木選手は圧倒的な走塁技術、松本選手は守備時の球際の強さ、といったように、他の選手とは比較にならないほど秀でた一芸を持っています。

だからこそ、30を超えてもなおジャイアンツのユニフォームを着て野球が出来るわけです。

重信選手は今はヒットを量産していますが、まだ研究もされておらず、たまたま調子がいいだけで、まぐれで打てているだけなのかもしれません。

できればもうひとつ、これだけは他の選手には負けないという優れた一面を見たい所です。

「俊足巧打」以外にも何か秀でた一芸を持っていたら、よりスタメンが近くなるかと思います。

とはいえ、キャンプでアピールするのはとても良いことで、公式戦での活躍が今から楽しみである事は変わりません。

これからオープン戦が本格的に始まりつつありますが、ジャイアンツ期待のルーキーとして動向を追うことにします。

 - G日記