由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

衝撃!!高木京介の野球賭博が発覚!!!

      2016/03/16

今日、2016年3月8日、19時40分ごろ、衝撃のニュースが飛び込んできました!!!

高木京介が野球賭博に関与

第一報は週刊文春のwebサイトでした。

その後、球団が記者会見を開き、その事実を公表して謝罪を行いました。

笠原、福田、松本竜に続いて高木京。ジャイアンツに所属する選手が4人も野球賭博に関わっていたということです。

支配下登録の選手が約60人強だから、1割弱も野球賭博に関わっていたことになります。

これは本当に悲しいことで、同時に強い憤りを感じます!!!!!

そもそも、なぜ今になってこの事実が浮上したのでしょうか?

第一報は週刊文春。

週刊文春といえば、野球賭博事件をいち早く察知し、また清原の薬物使用疑惑も1年以上前から突き止めていた、ずば抜けた取材力と恐るべし嗅覚を持った週刊誌。

その週刊文春から第一報が出た時点で、もうかばいきれないと球団は観念したのではないでしょうか。

そう、「かばいきれない」。

記者会見で久保博球団社長は「去年事態が発覚した時に、なぜ高木が自ら申し出てくれなかったのか」と発言しました。

本当は事実認識したうえで、隠ぺいしたんじゃないのか!?

笠原、福田、松本竜の3選手は去年は殆ど戦力となっていなかったから、発覚しても大してダメージは無かった。

だが、高木京は一軍で139試合登板し、無敗の記録を持っているほどの実力者。

戦力になりそうだから、公表しなかっただけなのではないか?

私はこう疑っています。

もちろん、単なる思い込みであってほしい。

しかし、こうした事実が出てきた以上、疑わずにはいられません。

他に隠ぺいしている可能性があるのが、宮國です。

彼はTwitter上で、笠原、福田、松本竜と絡んでいたことが分かっています。

摘発された笠原達3人と宮國の違いは何か?

それは、一軍の戦力かつ人気のある選手と、そうでない選手の差です。

つまり、宮國が野球賭博を行っていたことが分かれば、球団としては致命的な被害をこうむるわけです。

だったら、どんな手を使ってでも(法律スレスレの手を使ってでも・・・)隠ぺいしたいと考えるのは、想像に難くないでしょう。

上記はあくまでも想像で、事実ではありません。

だが、こういった想像をジャイアンツファン歴20年強の経歴を持つこの私にさせてしまうほど、高木京介が野球賭博をした事実は重い!!

球団は汚名返上に全精力を注ぐべきです。

ジャイアンツファンを裏切った罪はあまりにも重い!!

最後に、まじめに野球をしているジャイアンツの選手たちと、由伸監督が気の毒でなりません。

がんばれ、由伸・・・。

 - Gの汚点