由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

貧打巨人の救世主!ギャレット&クルーズ!

   

Cannon

3/10、ソフトバンクとのオープン戦で貧打・ジャイアンツに珍しい現象が起きました。

それは、アベックホームラン

ギャレット選手とクルーズ選手による、二者連続ホームランです!!

たまたま夜見ていたのですが、あまりの珍しさに声を上げてしまいました。

少し前のジャイアンツ打線であれば、アベックホームランはそこまで珍しいものではありませんでした。

しかし、2年ほど前から、特に阿部選手の衰えが顕著になったころから、ホームランそのものが珍しいものとなり、去年は20本すら打った選手が出てきませんでした。

阿部選手と長野選手の15本がチーム最多で、これは明らかに異常です。

これを重く見た球団が獲得したのが、ギャレット選手とクルーズ選手でした。

ギャレット選手について

ギャレット選手はメジャー通算122本の左の長距離砲で、4番候補として今年からジャイアンツに加わりました。

年齢は1981年生まれですので、今年35歳です。

ジャイアンツでいえば、脇谷選手と同い年になりますね。

夢に内田コーチが出てきたと発言するほど、内田コーチに心酔している様子。

シーズンでどれだけ活躍できるか楽しみです。

クルーズ選手について

クルーズ選手はプロ野球ファンにはご存じ、ロッテから移籍してきた選手です。

内野はすべてこなせるとの触れ込みで、ジャイアンツにおいてはおそらく2塁を守ることが濃厚ではないかと思われます。

長打力もそれなりに秘めており、ロッテ時代には14年、15年と二年連続で16本の本塁打を打っています。

去年ジャイアンツにいたらホームラン王ですね!

このクルーズ選手、今日古巣ロッテとの交流戦で、守備のとき投手中心に輪が出来たとき、ふつう内野手は全員投手の元に集まるのが、クルーズ選手だけロッテの選手と談笑していました。

こんなところでマリーンズ愛を見せつけなくても・・・。

貴重な長距離砲

長打力不足のジャイアンツにとって、ギャレット、クルーズの両選手は貴重な長距離砲です。

この二人がどれだけ出来るかによって、ジャイアンツ打線の質も変わってきます。

幸い、内田コーチという超一流の打撃コーチがジャイアンツにいます。

内田コーチの指示のもと、特にギャレット選手が日本の投手に一日でも早くなじむことができるよう、期待したいところです。

 - G日記