由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

円陣やノック、ロッカー内の賭け事でも現金やりとり。プロ野球は夢の世界のはずが・・・

      2016/03/16

野球賭博に揺れる読売巨人軍、今日含むここ数日で、また新情報が飛び出しました。

「ノック練習を賭けの対象にした」

「円陣の発声係が試合に勝ったら全員から5000円受け取り、負けたら全員に1000円支払い」

「二軍ロッカーや寮では賭け事が常態化していた」

情報源は笠原元投手と松本竜元投手。

あまりにも幼稚で情けないと思う反面、これを野球賭博と結びつけるのは少々違うのではないかとの思いもあります。

野球界の常識、世間の非常識

そもそも野球賭博は法律で禁止されています。

野球賭博のみならず、公営以外の賭け事は日本では禁止されています。

では、今回のような選手間の賭け事はどうか?

ノックの場合は単調な練習に彩りを加えるためのアイデアともいえるし、円陣の場合はある意味ゲン担ぎともいえます。

円陣での賭け事でわざと負けたり、手を抜いたりとはさすがに考えづらい。

勝敗にかかわるような内容であれば文句なくアウトですが、これらはどの球団でもやっている可能性があるのではないでしょうか。

野球賭博は文句なく違法行為ではありますが、これらの例は線引きが非常に難しいと思います。

選手たちには現金やりとりにおいて罪の意識は全くなく、余興のように考えていたのではないでしょうか。

気持ちは分からなくはない。

しかしながら、プロ野球は興業、夢の世界です。

プロ野球という一般の人から見たら非日常の世界で、このような生々しい出来事が行われていたと知っては、幻滅してしまいます。

こうした出来事があったのは変えようがない。大事なのは、今後の身の振りようです。

おそらく数年はジャイアンツはバッシングされ続けることでしょう。

読売ジャイアンツに携わる球団首脳、監督、選手、スタッフ全員がこの現実を真摯に受け止め、ファンから再び認められるよう、邁進していかねばなりません。

そうした姿勢を見せてくれるのであれば、私はまだまだジャイアンツファンでいられます。

これでもなお見苦しい言い訳や、小賢しい小細工や、卑劣な隠ぺいをするようであれば、これはもうファンに対する冒涜でありましょう。

無条件で応援してやるほどファンは甘くはない!

球団の適切な対応を期待します。

2016年3月16日追記

阪神、西武、ソフトバンクも円陣で現金のやり取りを行っていたことが判明しました。

野球界にとっては、円陣は¥陣と言い換えるのが常識なのでしょうか。

 - Gの汚点