由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

【4月1日】片岡という男の意地を見た

   

今日から4月、新年度がやってきました。

昨日ベイスターズとの死闘を見事制し、2カード連続勝ち越しと幸先の良いスタートを切ったジャイアンツ!

でもまだまだ始まったばかり。今日から、去年10勝15敗と、セリーグで唯一負け越した相性の悪い広島東洋カープとマツダスタジアムで対戦します。

しかし今年のジャイアンツは去年とは一味違います!

目指せ、3カード連続勝ち越し!

試合結果

巨人6-4広島

[勝] 沢村    5試合2勝 3S
[S] 戸根    3試合1S
[敗] 今村    3試合1敗
[本] ルナ 1号2ラン(高木勇・1回)

感想

昨日に続いて今日も延長戦でしたが、見事勝利をおさめました!!

タイガースがベイスターズに敗れたことにより、4/1時点でセリーグで貯金を持っているのはジャイアンツだけ!

まさか貯金独占できるなんて、夢にも思いませんでした!

これ以上ない素晴らしいスタートを切りましたね!

 

さて、今日試合を見ていて、ある選手が気になりました。

片岡です。

クルーズ加入により、去年まで二塁を守っていることが多かった片岡の出番が激減しました。

ジャイアンツ攻撃でクルーズが活躍しているとき、ベンチの様子が映ったのですが、片岡が一人戦況をながめている姿が映し出されました。

その表情は何となくさびしそうといいますか、物憂げな眼差しでダイヤモンドをみつめていたのです。

延長戦でクルーズがベンチに下がり、片岡に出番が回ってきました。

延長10回、一死で打席に入った片岡は三遊間を抜ける鮮やかなヒットを放ちます。

一死一塁。

盗塁を警戒したカープは、打者に投げる前にけん制を2回はさんできました。

カープの投手・今村が第一球を打者に投げたと同時に、なんと片岡は果敢にスタートを切ったのです!!

キャッチャーは二塁に投げられず、完璧な盗塁を成功させました。

まるで2008年の日本シリーズ第7戦を思い起こさせるような、完璧で素晴らしく美しい盗塁でした。

この盗塁が呼び水となり、ジャイアンツは2点をもぎ取りました。

ベンチに戻るときや、守備につくときの片岡の明るい表情を見て、なんだかこちらまでうれしくなってしまいました。

これほどの実績がある選手が控えで使われても、腐る事なく自分の仕事を精一杯こなしてくれている。

片岡のプロとしての意地を垣間見ることのできた一戦でした。

 

私の中では、今日のヒーローはこの片岡です。

出番は少ないかもしれませんが、ジャイアンツに欠かせない選手だと、今日改めて感じました。

この片岡の姿勢をみて、生え抜きの中堅といっていい年齢に差し掛かってきた選手たちは何を思う?

 - G試合~2016