由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

2016年の展望 阿部慎之助

      2016/01/11

選手単位で見る2016年の展望、第三弾はこの人です。

阿部慎之助選手。

長嶋監督ラストイヤーの2001年に入団して以降、ジャイアンツの押しも押されもせぬ正捕手として第一線で活躍をし続けてきました。

捕手としての能力ももちろんのこと、圧倒的な打力でチームを常に牽引してきました。

その絶対的な存在感から、原前監督をして「ジャイアンツは慎之助のチームである」と言わしめたほどです。

私がジャイアンツファンになったころの正捕手は村田真一現ヘッドコーチだったから、その格差といいますか、自分の応援しているチームにこんなすごい選手がいるのは幸せだと強く思いました。

その圧倒的実力者の阿部選手もとうとう衰えが目立つようになってきました。

2014年から打棒は影をひそめてしまい、今年はファーストに転向するも、前監督の思いつきのような形で捕手に戻され、ケガし、またファーストと可哀そうな使われ方をしてきました。結果も良いものではありませんでした。

これほどに凄い選手がなぜ急に?

個人的に引き金は、2013年に発症した帯状疱疹だと思っています。

2013年の日本シリーズから、おかしかった。阿部選手が万全であれば、日本シリーズ連覇の可能性は非常に高かったでしょう。日本シリーズの阿部選手はこれまで私たちが知っている阿部選手とはまるで別人のようでした。

どんな名選手でも、かならず衰えます。

阿部選手の場合、それが2013年末だったというだけです。

しかし、名選手ならではの経験・地力は他球団にとって脅威のはずです。

2016年、由伸監督は阿部選手にファーストもキャッチャーも状況によって両方あると通達したそうです。

まだまだ阿部慎之助は健在であることを、一ファンとして期待しています!

 - G選手~2016年に向けて