由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

【5月8日】実は大きかったクルーズの穴

   

ここ最近は冴えない展開が続いているジャイアンツ、日曜日は5月に入るまでは無敗でしたが、先週1日にファン的に気分の悪い大敗をしてしまい、その神通力も完全に消え失せてしまった感があります。

せめてゴールデンウィーク最終日の今日ぐらいは勝って、気分よく週明けを迎えたい!!

迎えたい・・・・・・・。

本日の試合結果、及び感想

試合結果

巨人4-11中日

[勝] バルデス    1試合1勝
[敗] 高木    7試合2勝 3敗
[本] 堂上 1号(高木・2回)、 平田 4号3ラン(山口・8回)、 片岡 2号2ラン(バルデス・6回)、 亀井 1号2ラン(金子・9回)

感想

今日も恐竜打線に踏みつぶされてしまいました。

そして先発の高木勇人はまたしても投手のバルデスにヒットを浴びてしまい、そこから失点してしまいました。

まあ、2点だけだったし、タイムリーじゃなかったし、外国人投手だしで、前回よりは腹は立たなかったです。

それを差し引いても、高木も苦しい感じです。2年目のジンクスを思いっきり苦しんでいるように思えます。

来週も投げさせるか、再調整させるか、首脳陣の判断に注目です。

 

今日負けたことにより、ゴールデンウィークの9試合は2勝7敗、借金5と大幅に負け越してしまいました。

神宮はともかくとして、ホームでドラゴンズに3タテは由伸監督も想定外もいいところでしょう。

もしかして今のドラゴンズは、貧打戦を強制するナゴヤドームよりも、打撃戦になりやすい東京ドームの方が向いているチームなのかもです。

ビシエドは凄いしナニータも調子いいし、何よりも平田の勝負強さは目を見張るものがあります。彼が復帰してからのドラゴンズは手ごわい印象を受けました。

1戦目は7点、2戦目は8点、3戦目の今日にいたっては11点!!!

これはいくらなんでも取られ過ぎだ!プロとして恥ずかしいレベルだと思います。

バッテリー部門は徹夜で反省会をすべし!!!

 

それはともかくとして、これほど大きく負け越してしまう原因の一つとして、打線の迫力不足が挙げられるでしょう。

では、開幕時にそれほど悪く無かった打線がこんなに縮こまってしまったのはなぜか?

それはクルーズがいないから。

守備範囲で色々言われていたクルーズですが、テリトリーでの守備は堅守であるし、開幕から5番で良いところで打っていました。

ギャレットとクルーズの並びは相手にとっては不気味で嫌だったことと思います。

その変わりが村田では、月とスッポン、勝負強さに雲泥の差があります。

(2日前までは長野が5番でした。まずまずの働きでしたが、やはりクルーズと比べると・・・)

 

クルーズが復帰するまで、当分は苦しい展開が予想されます。

ペナントは山あり谷あり、この苦しい局面をどう乗り越えるか、由伸監督のタクトに注目です!!

 - G試合~2016