由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

【今日の巨人戦@5/26】5連敗ですが、それが何か?

   

先週の土曜日から4連敗中のジャイアンツ、原因は一にも二にも「貧打」でしょう。

打てない上に投手まで崩れたら、そりゃ勝てないですね。

開幕直後に「今年のジャイアンツ打線は一味違う!」などと舞い上がって息巻いていましたが、これを全面撤回し、認識をあらためます。

今年も去年につづき、脆弱・貧弱・虚弱のジャイアンツ史上最低打線だ。

監督と打撃コーチが変わっても去年と変わらないということは、純粋に打者のレベルが低すぎるのでしょうね。

っと、ぼやくと止まらないから、ここまでにして、今日の試合・・・。

本日の試合結果、及び感想

試合結果

巨人2-3広島

[勝] 九里 7試合1勝 1敗
[S] 中崎 22試合2敗 10S
[敗] 大竹寛 1試合1敗
[本] 菊池 5号(大竹寛・1回)、 鈴木 6号(大竹寛・2回)

感想

今年初登板となった大竹は古巣カープ相手に、6回3失点とまずまずの投球をしてくれました。

今後もローテの一員として、大いに期待できるでしょう。

普通なら3失点ならゲームを作ったといえるのですが、ことジャイアンツ打線に限っては3点取られて勝利するのは至難の業。

なにせ1点取るだけでイッパイイッパイのお嬢様打線ですから。

今日は2得点とまずまずの結果でしたが、やっぱりここまでが限度で競り負けてしまいました。

 

これでジャイアンツは5連敗となりました。

長いペナントだから、こんなこともあるでしょう。5連敗したこと自体はあまり気にしていません。

今年のセ・リーグは、やはりダンゴレース。脱落したと思われたベイスターズが復調しつつあることで、より混沌としてきました。

カープは一応首位ですが、どう見てもその地位が安泰といえる戦力は持っていません。

まだまだ荒れる、むしろ交流戦からがペナントの本番といえそうです。

 

問題は、ジャイアンツの場合はこの歴史的貧打をどう解決するか、でしょう。

前カードのドラゴンズ戦から重信がスタメンで出ていますが、中々いい働きをしてくれています。

今日も三塁打2本と、気を吐いてくれました。

開幕から立岡をレギュラー扱いしているのが非常に不満でしたけれど、由伸監督は素晴らしい決断をしてくれたと思います。

外野は長野含めて全員サバイバルでポジションを競わせるべきです。ジャイアンツの外野手は誰一人レギュラーとして及第の成績を残していません。

であれば、公平な競争によってレギュラーに相応しい選手を作りあげてほしい。

内野も、サードの村田はもういいでしょう。

大事な打席では良くて凡退、高確率でゲッツー。打つのはどうでもいい場面ばかり。

打率サギとは、この選手のことをいうのでしょう。

打って欲しい時に必ずといっていいほど打たないバッターに、何の価値があるでしょうか?

サードもどんどんポジション争いしてもらいたい!

 

由伸監督も敗戦が続き辛いところでしょうが、未来のジャイアンツのための布石を今のうちに打ってほしいです!

 - G試合~2016