由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

【今日の巨人戦@6/15】村田修一の「延命力」

   

今季二度目の5連敗を喫したジャイアンツ。

徐々にファンの由伸監督に対する風当たりも強くなってきている気がします。

対戦相手の楽天イーグルスはホークスと比べて、明らかに力の劣る相手。

ホームである東京ドームで試合するのだから、何とか今日明日と勝って勝ち越したい!

本日の試合結果、及び感想

試合結果

巨人3x-2楽天

[勝] マシソン    29試合5勝 1S
[敗] 青山    24試合4敗
[本] ウィーラー 11号2ラン(内海・6回)、 橋本到 1号2ラン(川井・3回)

感想

男・村田のサヨナラ打!!!

 

すみません、全く期待していませんでした。

無死一塁で鈴木が代走に出て、坂本送って一死二塁、長野が打ち取られて、阿部が歩かされ、二死一、二塁で村田修一。

長野が打ち取られた瞬間、私は無失点と決め込みました。

阿部を歩かせて、チャンスに弱い村田は凡退。延長戦突入。

こんなシナリオを思い浮かべていました。

そんな予想を見事に村田は裏切り、サヨナラヒットを放ったのです。

 

何というか、村田という野球選手が何故ここまで野球をやってこれたのか、その理由が分かった気がしました。

これ以上打たなければ、自分の立場が危ぶまれる。そんなときに、必ずといっていいほど村田は打つのです。

また、対抗馬が現れても、自らの失策で勝手に自滅してくれるという運も持ち合わせています。

(この運というやつがクセモノで、プロで成功するためには絶対に必要な要素と思ってます)

プロ野球選手としての延命力と表現してもいいかもしれません。

村田はこれが突出していると、今日改めて感じました。

 

だがしかし、これまでの打席がチャラになったとは到底思わず、むしろこれからが正念場でしょう。

毎日試合に出ている選手が6月に入って打点13なんて、ありえない。

延命のためではなく、ジャイアンツのため、ファンのため、毎日とは言わないからせめて10試合に一度くらいは、良い場面で打ってもらいたいです。

 - G試合~2016