由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

【今日の巨人戦@7/12】今のカープはホークス級

   

ベイスターズに三連勝したジャイアンツは、今日からマツダスタジアムに殴り込みです!

前半戦最後という節目の試合の対戦相手は、首位を独走する広島東洋カープ。

現在のジャイアンツは借金2。今日と明日、勝てば借金は無くなります!

今年のペナントの行く末を占う大事な二連戦、果たして結果は!?

本日の試合結果、及び感想

試合結果

巨人3-13広島

[勝] 野村 15試合11勝 2敗
[敗] 内海 8試合4勝 3敗
[本] 新井 9号(内海・2回)、 新井 10号2ラン(今村・5回)、 下水流 4号2ラン(今村・5回)

感想

スコアの通り、完敗でございます。

カープは直前のカードで、甲子園のタイガース相手に3連勝という離れ業を成し遂げています。

いかにタイガースが不調であっても、甲子園で3つ勝つことは容易ではありません。

原監督時代のジャイアンツでも、甲子園3連勝は記憶にありません。

カープの勢いがどんなものかとじっくり見ていたら・・・。

 

強い、強すぎる!!

 

まさかカープにこんな感想を持つようになるとは、これも時代の流れなのでしょうか。

今日の内海の出来はまずまず、1回は完璧に抑えたものの、新井にホームランを浴びてからおかしくなってしまいました。

以降ジワジワと責められ、結果2回1/3でKOされてしまいました。

相手がカープじゃなく、タイガースやベイスターズなら、多分5回まで持っていたでしょう。

後続の投手も攻略され、計13失点もしてしまいました。

 

ジャイアンツのチーム状態も今は決して悪く無く、むしろ良い方向に向かっていると手ごたえを感じていた矢先に、このような結果に終わってしまいました。

正直いって、今のカープはホークスに匹敵する強さだと感じています。

1番から7番まで、打線にスキがありません。

今日7番に座った、下水流というよく知らない選手が3安打で、内1本がホームランでした。

3安打した次の打席、下水流選手はゲッツーだったのですが、その時の非常に悔しそうな表情が印象的でした。

チームもほぼ勝ち確定、自身は猛打賞であるにも関わらず、です。

まるで緩んだ雰囲気がありませんでした。

これはまさに強いチームの雰囲気そのものでした。

 

だけど、チームは生き物、チーム状況というものは何がきっかけで変わるか予測できません。

ジャイアンツに限ってはまだ60試合も残っています。

ホークス級とはいっても期間限定、カープのこの勢いが最後まで続くとも思えません。

まだワンチャン、ツーチャン残っているはず!!

最後まであきらめず、頑張れ、ジャイアンツ!!

 - G試合~2016