由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

ガッツ・小笠原道大、2017年から中日ドラゴンズの監督に就任!!

      2016/09/29

(本記事は2016/9/25に執筆しております。あれから4日後、状況が変わりました。詳しくは本記事の最下部をご覧ください)

久々のブログ更新になります。

カープが優勝して2週間、意気消沈してしょんぼりした気分で過ごしてまいりました。(´・ω・`)

今日大河ドラマの真田丸で幸村の父・真田昌幸の最期が描かれていたのですが、まさにあんな感じです(涙)

最近ジャイアンツは調子が悪く、2位も怪しくなってきました。

昨日の橋本のエラーのように、最近くだらないエラーが多すぎる!!

まだシーズンが終わっていないため、2016年シーズンの感想は後に回します。

相当厳しいことを書くのを予告しておきます。

今日はジャイアンツじゃなく、ドラゴンズのことを書きます。

3日ほど前にも報道がありましたとおり、ガッツこと小笠原道大が来季から中日ドラゴンズの監督に就任します!

憧れの男、小笠原道大

普段あまり公言していませんが、私は小笠原道大という人物に対し、尊敬と憧れの感情を持っています。

野球選手に対して殆ど人としては尊敬していませんが、数少ない例外として、小笠原は称賛に値する人物であると評しています。

誠実で温厚な人柄、どんな試合展開であろうとも手を抜かないプレースタイル、決して言い訳をしない確固たる精神力・・・。

そんな立ち振る舞いを見て、ファンは「ガッツ」の愛称で彼を呼ぶのです。

2007~2013のジャイアンツでプレーしたときも、ガッツの愛称に違わぬ素晴らしいバットマンぶりを見せてくれました。

2011年、史上最悪のコミッショナー・加藤良三によって導入された悪魔のボールにより、成績がガクンと下がった時も、言い訳ひとつすることはありませんでした。

加藤良三のような暗愚な人物がコミッショナーじゃなければ、きっとジャイアンツでもっと活躍できていただろうにと、悔しい気持ちでいっぱいです。

2014年に半ば戦力外に近い形でジャイアンツを去ることになってしまいましたが、今でもガッツに対してジャイアンツの恩人ということで感謝をしています。

 

そんなガッツが、来季からドラゴンズの監督になるというのです。

これはドラゴンズも応援せざるを得ない!

ガッツのジャイアンツでの貢献、特に2007~2009の三連覇の功績は、由伸より上だと思っています。

しかし由伸、ラミちゃん、ガッツとかつてジャイアンツでプレーし沸せてくれた選手たちが、同一リーグの球団で監督に就任するとは、これも時代なのでしょうか。

このような流れになるとは、2009年ごろは思ってもみませんでした。

 

ところで、ドラゴンズの白井オーナーはFA権を持つ平田や大島に「代わりはいくらでもいる」と発言したそうですね。

万一ガッツ率いるドラゴンズも低迷し、監督に責任が及びそうになったときに、「監督の代わりはいくらでもいる」などと言い出したら許さんぞ!?

そうなったら中日新聞に対して強い抗議文を提出する所存!

ガッツほど人間的に素晴らしい野球人は滅多にいません。

どのような監督ぶりを見せてくれるのか、楽しみでなりません!

2016/9/29 追記

と、思ったんですがね・・・。

ドンデン返しが待っていました。

中日森ヘッドが新監督就任「いい形で次の人たちに」

なんと、小笠原の監督就任は白紙になり、森繁和ヘッドコーチが昇格して来年の指揮を執るとのこと。

たしかに、今のドラゴンズは新人監督となる小笠原に荷が重いかもしれません。

ちょっと期待はしていましたが、ベテランの森繁氏が監督をしてチームを整備した方が、ドラゴンズにとって良いことなのでしょう。

 - 他球団