由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

2016年ドラフトも微妙だった・・・それより由伸はクジを引け!

   

diner-ea36b70b21_640

今日は2016年ドラフト会議の日でした。

ジャイアンツのドラフト結果は以下の通りです。

  • 1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
  • 2位 畠 世周 近大 投手
  • 3位 谷岡 竜平 東芝 投手
  • 4位 池田 駿 ヤマハ 投手
  • 5位 高田 萌生 創志学園高 投手
  • 6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
  • 7位 リャオ・レンレイ 岡山共生高卒 投手
  • 育成1位 高井 俊 新潟アルビレックス 投手
  • 育成2位 加藤 脩平 磐田東高 投手
  • 育成3位 山川 和大 兵庫ブルーサンダース 投手
  • 育成4位 坂本 工宜 関学大準硬式野球部 投手
  • 育成5位 松原 聖弥 明星大 外野手
  • 育成6位 高山 竜太朗 九産大 捕手
  • 育成7位 堀岡 隼人 青森山田高 投手
  • 育成8位 松澤 裕介 香川オリーブガイナーズ 外野手

うーん、どうなんでしょうね。ちょっと微妙かもしれません。

それよか、由伸自らがクジを引かなかったのが大いに不満です。

くじ2回外し・・・

ドラ1の吉川尚輝選手は外れ外れ1位、すなわち2回くじを外してから指名された選手です。

最初に指名したのは前評判通り、創価大の田中正義投手でした。

ジャイアンツ以外に、ロッテ、SB、日ハム、広島が指名、計5球団競合の人気ぶりでした。

田中投手はSBが当選、次の指名選手は佐々木千隼投手でしたが、何と柳選手のくじを外したDeNAを含めた5球団の競合となってしまいました。

外れ1位で5球団競合は多分史上初ではないでしょうか。

佐々木投手は結局ロッテが引き当て、ジャイアンツは吉川選手が1位指名、競合は無く無事に交渉権獲得となりました。

結果は残念でしたが、目玉となる田中投手を獲りに行った姿勢は評価できます。

攻めなければ良い選手は指名できませんから、競合を恐れて回避するよりはクジ運にかけて勝負した方がファンも納得するというものです。

 今年も微妙な感じ

指名された選手のラインナップを見ても、これといってワクワクするようなことはありませんでした。

野手はドラ1の吉川選手のみで、後の6人は皆投手。

私としては、投手よりも野手のスターが見たい!!!!!

ジャイアンツには華のある野手が殆どいません。

レギュラーでは坂本勇人のみ、若手を見ても見込みがあるのは岡本和真ただ一人。

夢を見させてくれそうな野手が今年一人もいないのかと、少々がっかりしています。

吉川選手は俊足好打の選手とのふれこみで、去年のドラ2の重信とほぼ同タイプで、長打力はあまりないとのこと。

似たような非力・俊足・巧打の見ていてつまらない野手カテゴリの選手ばかりでウンザリです。

東京ドームをホームにしている以上、バンバンホームランを量産してくれる、生え抜きのスラッガーが見たいというのが私の強い希望です。

あと、育成選手に8人も要らない。

2010年以降、育成で戦力になった選手は一人もいません。

有望選手も満足に育てることができないくせに、何故毎年育成選手を獲るのか理解に苦しみます。

日ハムのようにこれという選手に的を絞ってスカウティングしてもらいたい。

数打ちゃ当たるはスカウトの甘えに過ぎないと思います。

そもそも、数打っても一つも当たっていませんしね。

由伸は何故自らクジを引かないのか?

最も不満だったのが、由伸監督ではなく堤GMがクジを引いたことです。

なぜGMにくじ引きを任せたのか?

ドラフトはフロントやスカウトの仕事で、自分には関係ないとでも考えたのでしょうか?

監督はチームのシンボルです。

最大の戦力補強の場であるドラフト会議においてチームのシンボルたる監督が前面に出てくじ引きに挑むべきでしょう。

藤田監督が自ら原辰徳を引き当て、長嶋監督が自ら松井秀喜を引き当て、原監督が自ら大田泰示を引き当てた。

過去のドラフトを見ても注目選手は監督自らが引き当てています。

結果はどうあれ、どう考えても高橋由伸が自らクジを引くべきでした。

ベンチでの姿もそうだけど、どうも監督業に対してあまりにも消極的すぎる気がします。

由伸監督もこれから2年目に入ります。

1年目である今年は大甘に見ていましたが、来年はシビアにドライに成果を求めます。

来年、今年の経験を活かして成長を見せないのであれば、これ以上監督を続けない方がファンにとっても高橋由伸本人にとってもお互い幸せかもしれないですね。

 - G日記