由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

巨人のプロテクト枠を考えると同時に、プロテクト外選手に対し一言コメントを書いてみた

   

 

ジャイアンツは、FA権を行使した横浜DeNAベイスターズの山口俊投手の獲得を狙っています。

FAで選手を獲得するときは、だれが人的補償になるかが必ず話題になります

山口選手を取ると、ジャイアンツは28名をプロテクトして、これに漏れた選手がベイスターズに人的補償として引き抜かれる可能性があります。

そこで、本記事ではプロテクト対象となるであろう選手と、そうでない選手をそれぞれピックアップしてみました。

プロテクト対象外が予想される主な選手については、一言コメントを書きました。(むしろこれがメイン)

日本ハムとトレードで獲得した吉川・石川の両選手は、フリーエージェント規約に、

旧球団が,選手による補償を求める場合は,獲得球団が保有する支配下選手のうち,外国人選手及び獲得球団が任意に定めた28名を除いた選手名簿から旧球団が当該FA宣言選手1名につき各1名を選び,獲得することができる。

フリーエージェント規約 第10条ー4ー(1)ーア より引用

とあり、両選手ともに既に支配下選手となっているから、きちんとプロテクトしなければなりません。

予想プロテクト対象選手

投手

澤村、大竹、杉内、菅野、桜井、内海、宮國、西村、田原、與那原、山口、戸根、高木勇、田口、吉川光

  • 計15名

捕手

小林、實松、宇佐美

  • 計3名

内野手

坂本、阿部、村田、岡本、山本、辻

  • 計6名

外野手

長野、亀井、重信、石川

  • 計4名

主なプロテクト漏れ選手

プロテクト対象外となるであろう主な選手に、一言コメントしていきます。

カッコ内は今年の年齢です。

小山雄輝投手(28)

2014年に6勝あげたものの、2015年,16年と目立った活躍が出来ませんでした。

先発候補として原監督時代から期待されてきた選手ではありますが、そろそろ厳しいものがあるでしょう。

中川皓太投手(22)

去年ドラフト7位で入団した選手です。

2試合投げて、防御率は13.50。

うーむ。。正直全く印象に残らなかった。

平良拳太郎投手(21)

高卒3年目です。田口君と同期です。

同期の田口と比較してしまうと、ちょっと、って感じです。

相川亮二捕手(40)

7月ごろに負傷した小林の代わりにマスクをかぶりましたが、ハマスタで菅野が大炎上して以来、捕手としての出場はほぼなくなりました。

良い選手ではあるとは思いますが、プロテクトするほどではないでしょう。

河野元貴捕手(25)、鬼屋敷正人捕手(25)

小林が入団する前からポスト阿部として原監督から大いに期待されていましたが、共に今年は一軍未出場。

完全に伸び悩みです。

去年宇佐美、松崎という二人の捕手をドラフトで獲得しているのもあり、この二人の立場は相当きついものとなっているはずです。

寺内崇幸内野手(33)

寺内、もう33歳なのかぁ。

2009年、プロ初ホームランをドラゴンズのチェン・ウェインから打ったんです。

その時、私はナゴヤドームで生観戦していました。いわば目撃者です。

2009年、やることなすことすべてがジャイアンツの思い通りになる、甘美なシーズンでした。

2013年もそれなりの活躍を見せてくれており、CSファイナル第二戦ではカープのエース・前田健太から値千金の3ランホームランを放ったことは昨日のことのように覚えています。

この試合で、日本シリーズ進出を目指すカープの牙を完全にへし折ったんですよね。

ああ、懐かしいなあ・・・。

そんな活躍をしたにも関わらず、原辰徳は何を血迷ったか、片岡獲得をしてしまいました。

この安易な補強により、寺内の牙も完全にへし折られた気がしてなりません。2014年以降は大して目立った姿を見せることはありませんでした。プロテクト外でもいたしかたなしでしょう。

うう、一言コメントのつもりが、こんなに長くなってしまった!

それほど、寺内は印象に残る選手だったということです。

藤村大介内野手(27)

こう見えても2011年盗塁王というタイトルホルダーなのです。

でも、それだけ。

思えばその時が全盛期だったなぁ。

戦力外になってもおかしくないのですが、延命してますね。

顔がそれなりに良く、女性ファンを集めてはくれるから、未だジャイアンツの選手でいられるのかもですね。

脇谷亮太内野手(35)

去年、西武ライオンズから舞い戻ってきた男。

今年の目立った活躍といえば、8月の広島戦でサヨナラホームランを放ち、敵将緒方監督から「脇谷選手のような集中力を云々カンヌン」といったコメントをもらったことぐらいです。

脇谷さん、あなたももう年なんでしょうか。

できればジャイアンツで引退してほしいのですが・・・。

片岡治大内野手(33)

2013年末、原辰徳から「セカンドを空けて待っている」とラブコールを送られ、ジャイアンツにやってきた男。

前述のとおり、寺内がそれなりの活躍をしたのに、セカンドを空けて待ってる、は無いだろう。

功罪相半ばの原辰徳の罪の一つ、片岡獲得。

打率は2014年は.252、2015年は.244、今年に至っては.222!

これがFAで来る選手の成績なのか!?

プロテクトはしなくても良い。枠がもったいない。

中井大介内野手(27)

中井にはねえ、本当に期待していたよ。超期待していたよ。

2009年のビール掛けの時、中井と大田泰示は未成年で、二人はバッテンマークのマスクをつけてソーダ水でビール掛け(という言葉はふさわしくないが)してましたね。

その時に、中井は「(大田と)切磋琢磨して、ジャイアンツを背負っていきたい」というコメントをしてくれて。

その時、私はジャイアンツの光り輝く未来を想像しましたよ。

それから7年、厳しく寂しく空しい現実を思い知らされました。

2013年をピークに、まったく選手として進歩・進化していなかった中井の姿に絶望しました。

特に今年、監督が変わって超・超・超・大チャンスだったわけです。

由伸監督も、積極的に中井を起用したわけです。

ネット上では「由伸の愛人」とかいうかげ口だって書かれるほど積極起用してくれたわけです。

しかしグラウンドに立つ中井の姿は、高卒2年目、3年目と同じかそれ以下のレベルでしか無いように見受けられました。

選手として進歩・進化してない!

夢から覚めた2016年、もはや中井に未練はありません。

岡本など、次世代の選手へと切り替えていきます。

松本哲也外野手(31)

山口に続く育成枠出身です。

2009年は良い活躍をしてくれましたが、2010年のケガ以降はレギュラーは厳しい感じでした。

が、守備能力は巨人でトップレベルで、彼のファインプレーには何度も助けられました。

が、2016年に松本最大の武器である守備能力に陰りが出てきました。

寂しいですが、プロテクト外でも仕方ないのかなと思います。

橋本到外野手(26)

中井に続き、進歩・進化しなかった男その2。

坂本を筆頭に、大田・中井・橋本でジャイアンツの黄金時代を支えてくれると信じていたのに・・・。

その夢は今年、見事に砕かれてしまいました。

センターを主に守っていましたが、なんというか、攻走守全てにおいて、ワンプレーごとの軽さが見受けられます。

一言で言えば、プレーが雑なのです。

この手のタイプの選手は、繊細なプレーが求められるはずなのに、プレーが本当に軽い。何も考えていないのか、自分を過大評価しているのか。

ちょっと、レギュラーで使うレベルじゃないですし、これが高卒4年目くらいまでだったらわかるけど、高卒8年目でこれじゃあ、もはやこれまでではないでしょうか。

立岡宗一郎外野手(26)

去年の後半と、今年の前半にセンターに出ていた選手です。

2010年代最強の球団・ソフトバンクホークスから頂いた選手でもあります。

本ブログは一巨人ファンである私の正直な感想・気持ちをお伝えする場で、プロ野球における隠し事はしたくありません。

よって、白状します。

個人的感情の問題かもしれませんが、どうもこの選手は好かん。

具体的な理由を言えと言われても困りますが、どういうわけか好かん。

今年の後半は見るも無残な姿で舞い戻ってきました。

よって、別にプロテクト外でも問題ないでしょう。

おわりに

最後までこのような妄想をご覧いただき、ありがとうございました。

一言コメントのつもりが、選手によっては物凄く長くなってしまいました。

愛着のある選手もいれば、そうでない選手もいます。

2016年のジャイアンツを見るに、補強は絶対に必要です。

未来のジャイアンツのために、正しいプロテクトをしてもらいたいものです。

 - G考