由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

オープン戦の成績なんて飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ。

   

中日ドラゴンズとの開幕3連戦、ジャイアンツは今日も6-3で勝利をおさめ、見事3連勝でしめました!

この上ない上々の滑り出しで2017年をスタートすることができたといえるでしょう!

開幕前はオープン戦最下位でチーム打率も低く、周りから色々と心配されていましたが、私は全く心配していませんでした。

たかがオープン戦の成績に一体何の意味があるのかと、周りのネガティブな声が不思議でなりませんでした。

調整の意味合いもあるオープン戦なんて、勝った負けた打った抑えたの成績など所詮飾り、無意味なのです。

さて、今日のゲームのハイライトいきましょう。

2017年4月2日試合結果

スコアボード

1 2 3 4 5 6 7 8 9
中日 1 0 0 1 0 0 1 0 0 3 8 0
巨人 0 0 0 2 0 4 0 0 X 6 8 1

責任投手/本塁打

勝利投手 [ 巨人 ] 大竹寛 (1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 吉見 (0勝1敗0S)
セーブ [ 巨人 ] カミネロ (0勝0敗1S)
本塁打 [ 中日 ] ゲレーロ1号(4回表ソロ)、平田1号(7回表ソロ)
[ 巨人 ]

雑感

元祖世界を知る男、亀井義行

今日は亀井が大活躍した日でした。

6回、1アウト2、3塁で7番岡本のところ、代打として亀井が登場しました。

去年までの由伸監督だったら、何となく期待の若手である岡本をそのまま打席に送り込んだ気がしますが、この試合においてここが勝負と睨んだのでしょう、何の躊躇もなく亀井を出してきました。

この采配が大当たり!一塁手の横を抜ける長打で二人が返り、このイニング3点目となる2点タイムリーとなりました。

走者としての亀井も凄かった!

続く小林誠司にも今シーズン初ヒットが飛出し亀井は3塁に進みます。

ピッチャーに代打を出すのかと思ったのですが、大竹がそのまま打席でバント。これがキャッチャーの前方に転がり、これで二死2、3塁かと思われた矢先、キャッチャーが1塁にボールを投げたスキにそのまま亀井は本塁に向かい走塁し、見事に1点をもぎ取ったのでした。

3塁手が前に出ており、キャッチャーが3塁には投げれないことを見計らった上での、亀井の頭脳プレーでした。

さすがは亀井義行、伊達に世界を見ているわけではありません!

2009年のWBCで、当時はそれほど突出した成績を上げているわけではないのにWBC代表に選ばれ、ネットでは「世界の亀井」などと呼ばれていました。

小林誠司も世界で名をあげた男ですが、ジャイアンツにおいては亀井こそが元祖・世界を知る男なのです!

ちなみに亀井の2009年のWBCの成績は、打率10割、1盗塁、です。

岡本よ、今日を屈辱と思い悔しがれ!

亀井が見事にヒーローになった裏で、屈辱を味わった男もいます。

代打を出された岡本和真です。

代打亀井のアナウンスの瞬間、東京ドームは大歓声につつまれました。

亀井の期待値もさることながら、岡本に対するファンの信頼もまだまだ低いことを示しています。

由伸監督は開幕から3試合ずっとスタメンで使ってもらっています。

挽回のチャンスもこれからたくさんやってくるでしょう。

代打を出された今日という日を屈辱に思い、さらに精進していってほしいです。

 - G試合~2017