由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

【生観戦】ナゴヤドームのバックスクリーンが超キレイ【亀井大人気】

   

2017年初の生観戦です。

巨人と中日の試合を見に、ナゴヤドームにいってまいりました。

ジャイアンツは5連敗中なのですが、そのようなことはまるで関係なく、球場内はとても和やかな雰囲気でした。

最も印象に残ったのが、ナゴヤドームのバックスクリーンが物凄く進化したということです。

選手の詳しい成績はもちろんのこと、ドラゴンズの選手には何と応援歌まで表示されます。

これはドラゴンズファンにはうれしいでしょう。

ちなみに試合は6-2でジャイアンツの勝利です!連敗はめでたく5で脱出となりました。

2017年4月15日試合結果

スコアボード

1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 1 0 0 0 0 3 2 0 0 6 12 1
中日 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 7 0

責任投手/本塁打

勝利投手 [ 巨人 ] 田口 (1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 若松 (0勝2敗0S)
セーブ
本塁打 [ 巨人 ]
[ 中日 ]

進化したバックスクリーン!

スタメン発表!

審判の顔写真まで出ます。

6番・亀井がコールされた時、レフトスタンドから大歓声が巻き起こりました。

由伸監督よ、悲しいけど、これがG党の長野に対する今の評価だよ。

7番・石川にはちょっとどよめきました。

連敗中ということで、色々変えていこうとするのは良いことです。

原点回帰!

中日ドラゴンズのスローガン「原点回帰~ゼロからのスタート~」。

ドラゴンズブルーを基調とした美しい色合いですね。

野手データ

本塁打、打点、打率はもちろんこと、2塁打数とか四死球数、得点圏打率に対中日打率、それに今の投手の対戦打率と、とても細かい情報が出ます。

しかし長野よ、得点圏が10-0かよ・・・。

投手データ

野手データほどではありませんが、投手データもまぁ豪華ですね。

森福の成績、3試合投げて2試合負けがついています。

これは本人は見るの嫌だろうな。

中日の選手は応援歌付!

上の写真はドラゴンズの大島選手のデータです。

ドラゴンズの選手は出身地や経歴といった詳細プロフィールに加え、何と応援歌まで表示されます!

この写真では分かりづらいですが、下の白い部分に応援歌の歌詞が表示されているのです。

ドラゴンズファンにとって、うれしいファンサービスですね!

試合前

ドアラとジャビット

ドアラとジャビットのそろい踏みです!

「今日からジャビットが来てくれました~♪」

ジャビット、昨日はいなかったのかよ!

そして相変わらずドアラはシュールです。

坂本

守備練習中の坂本。

軽快な感じでウォームアップしてました。

もはや背番号6はジャイアンツのシンボルですね!

条件反射的に写真をとってしまいました。

岡本と中井

キャッチボールは二人一組でやるのが普通ですが、岡本(38)と中井(61)がなぜか交互で受けていました。

中井が岡本に色々と話していましたが、まさか守備を教えているとか?

中井から教わるのはやめとけ。

教わるなら亀井にしとけ。

ただの雑談だったらいいのですが。

雑感

お客さんも良く入って、なごやかな良い雰囲気で試合が進みました。

先発の田口はピリっとしなかったのですが、なんとか5回2失点まで抑えました。

5回裏の満塁の時、堂上弟の強烈な打球がライトに飛んで、悲鳴が各所から上がったのですが、亀井の華麗なキャッチに球場(というか3塁側)がわきたちました。

個人的には、この試合最大のポイントは亀井のこの守備だと思います。

これが抜けていれば3点取られていて、連敗も6に伸びていた可能性が高いでしょう。

亀井様様です!

お手洗いで用を足している時、亀井の応援歌の冒頭の「おお~~~おお~~~か~めい~~」の口笛が聞こえてきました(笑)

ナゴヤのG党は亀井が大好きですね!

 

勝ちゲームということもあり、大変満足度の高い生観戦となりました。

ナゴヤドームも徐々にファンサービスを力を入れています。

特に美しいバックスクリーンは一見の価値ありでした!

 - G試合~2017