由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

育成出身の篠原慎平、チャンスを見事にモノにしプロ初勝利!

   

今日はニューヒーローの誕生です!

17日に支配下登録されたばかりの巨人・篠原慎平投手が、途中出場で3回から5回を無失点に切り抜け、見事初勝利をおさめました!

育成選手出身の投手がプロ初登板・初勝利は球団史上初とのことです。

心からおめでとう!

今日はめでたい!

2017年4月19日試合結果

スコアボード

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 1
巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 X 1 8 0

責任投手/本塁打

勝利投手 [ 巨人 ] 篠原 (1勝0敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] ブキャナン (1勝1敗0S)
セーブ [ 巨人 ] カミネロ (0勝1敗6S)
本塁打 [ ヤクルト ]
[ 巨人 ]

雑感

チャンスをモノにした篠原慎平に天晴れ!

先発した高木勇人が2回裏のバントの時に手を負傷し、緊急登板の形で篠原に出番が回ってきました。

3回表はスワローズ先発・ブキャナンに2塁打を打たれてしまいました。

次の打者にはワイルドピッチ+四球で1死1,3塁。

高木勇人の悪いところを引き継いだなぁ、荷が重かったかなぁと早々に諦めてしまいました。

その次の打者は、球足の速いサードに運よくゴロが飛んでくれて、ゲッツー完成で無失点に切り抜けたのです。

この選手、持ってる。

翌4回もいきなり山田にレフト前、あ~あ、と思ったら、何を思ったか山田がセカンドも狙い走塁、レフト石川の送球でセカンドで山田を刺してアウトです!

最後の5回、2死1塁でまたしてもブキャナンにテキサス性のセンター前、そして何を思ったか、先の山田と同じくブキャナンもセカンドに全力疾走、あえなくセカンド憤死で無失点にしのぎました。

この選手、やっぱり持ってる!

確信に変わりました。

この篠原という選手にはツキがある。

解説のキヨシも「勝ち運がある。菅野とは正反対みたい。」と認めていました。

しかし、幸運はだれにもやってくるものではありません。

だれかの言葉を借りれば、「幸運はチャンスと準備が重なった時のみ訪れる」のです。

初登板、それも緊急登板という形にも関わらず、これまでの準備が実り、チャンスをつかんでこそのツキなのでしょう。

あっぱれ、あっぱれ、大あっぱれ!!

次回以降の登板もますます楽しみになってきました!

カミネロ、ナイスリリーフ

8回途中からカミネロがマウンドにあがりました。

1死1、3塁、ピッチャーゴロを冷静にセカンドに投球し、ゲッツー完成で無失点。

由伸監督も「ヨッシャー!」とガッツポーズです。

監督から篠原に何とか勝ちをつけさせたい思いが伝わって、とてもうれしくなりました。

9回も山田、バレンティンという球界屈指の好打者を打ち取り、無失点。

ナイスリリーフですね。

失敗したのはあの悪夢の日のみです。

あんなのは単なる悪い夢で参考資料です。

カミネロ、実はかなり優秀な選手なのかもしれません。

ちなみに8回裏、満塁でカミネロに打席が回ってきました。

カミネロが空振りしたとき、ベンチの由伸監督は大笑いしていました。

ベンチが和やかなのはいいことです。

 - G試合~2017