由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

巨人ファンを一発で不愉快にさせる方法

   

今年も去年と同様、無様な試合が続くジャイアンツ。

しょぼい打線、柔軟性がまるでない無策・無能な首脳陣、つまらぬ選手しか取ってこないスカウト・・・様々な要因で今年のジャイアンツはファンをイライラさせてくれます。

中でも、ジャイアンツファンを一発で不愉快にさせる方法があります。

それは広島東洋カープとの試合を見ること。

爽快感のカケラもなく、一発で不愉快になること間違いなし!

不快な気分を味わいたいジャイアンツファンは、広島との試合を見ると簡単にその要求を満たすことが出来ます。

まるで広島の犬

昨日と今日も当たり前のようにカープに大敗したジャイアンツですが、もはや予想通りすぎて何の面白みもありません。

これで対広島は1勝7敗。

考えられない戦績となっています。

たかが勢いだけで去年優勝しただけのチーム相手に、なぜこのようなナメた対戦成績になってしまうのか?

相手は福岡ソフトバンクホークスのような強豪球団ではありません。

タイガース、ベイスターズ、スワローズが五分に戦える球団に、なぜジャイアンツがこれほどまでにカモにされなければならんのか?

相性といえばそれだけだが、ムカついてイラついて仕方がない!

まるで犬!

「他球団から分捕った白星を、ご主人様たる広島様に献上するワン!」ってか?

危機感を持て!!

監督の由伸は、対戦成績1勝7敗を記者に指摘されて、

「言われなくても分かっている。考えますよ。」

と吐き捨てたようだが、我々ファンからみて、つまり外から見て、ロクに対策をしているように見えない。

同じことを何度も何度も何度も何度も繰り返しているように見える。

本当に考えているのか、と疑念を抱かざるを得ない。

毎度毎度同じように打者は打てず、投手は炎上してでは話にならない。

学習をしていないという意味では、まるでサル、いやそれ以下だ。

1勝7敗などという、プロ失格の対戦成績に高橋由伸はじめ首脳陣は大いに危機感を持つべきでしょう。

高橋由伸は監督の器ではないのかも

まあしかし、去年と同じような失敗をし、改善傾向が見られないということに、失望を禁じ得ません。

例えばカープの緒方孝市監督にせよ、タイガースの金本知憲監督にせよ、2年目に差し掛かるにあたり前年の失敗から学び、明らかに改善している傾向が見えるのに、高橋由伸には全くそれが見られない。

正直に言って、高橋由伸は監督の器ではないのではないかと思い始めています

去年は監督一年目ということで広い心で見守っていたものの、二年目たる今年はある程度厳しい目で見ていますが、残念なことに監督としての成長が殆ど感じられません。

このような無様でふがいない試合を続け、これ以上ジャイアンツファンを失望させないために、持てる力のすべてを以て立て直してもらいたい。

プロスポーツ興業は勝ってナンボ!

勝利をファンに届けられるよう、勝てるならどんな手を使ってでも、貪欲に勝利のみを追い続けてほしい。

選手のメンツ・プライドなど、ファンからしたら知ったことではない。

今のままではただの犬、負け犬だ。

私のように由伸監督の能力に疑問を呈し始めたジャイアンツファンはかなりいると思われます。

そうしたファンを見返してくれるよう、由伸監督の底力に大いに期待をして、本記事を終えたいと思います。

 - G考