由伸監督熱烈応援ブログ

由伸監督率いる読売ジャイアンツをやさしく、時には厳しく、そして熱烈に応援します!

*

10連敗は悲劇の序章!コールタールの暗黒は始まったばかり

   

ジャイアンツは今日バッファローズに敗れて、10連敗を喫しました。

10連敗ですよ!

ここまで来ると、負けて悔しいという感情は無くなりました。

「ああ、やっぱり今日も負けたか、あはは♪」と達観するようになりました。

愛するジャイアンツをこんな無様なチームに変貌させた奴らを許せねぇ・・・。

フロントもスカウトも首脳陣も選手も、大幅に血の入れ替えをする必要があるでしょう。

原遺産ではもはや勝負できません。

このままではジリ貧の先細りとなり、この10連敗という大暗黒が単なる序章となるぐらい、将来悲惨な目に遭うことは目に見えています。

今のままでは最下位になる可能性が非常に高い!!

行き当たりバッタリの選手起用

日曜日に投げていた田口を土曜日に投げさせ、宮國の方を日曜日に回しました。

田口は中5日が慣れないのか序盤に4失点、宮國も一応3失点に抑えるものの、打線の援護は無く、勝てず。

そしてそれなりに安定していたカミネロを2軍に落としてクルーズを上げたものの、金曜日マシソンは3失点してセーブ失敗、クルーズは3試合ヒット無し。

何というか、やることなすこと全てが裏目です。

行き当たりバッタリで選手起用しているようにしか思えません。

クルーズを上げるなら、それなりの仕事をしているカミネロじゃなくて毎回広島相手に炎上して大して回を食えないマイコラスを落とせよ。

マシソンをクローザーとして回跨ぎさせるなら、前日の負け試合の時に登板させるなよ。

田口を中5日で行かせるメリットは何だ?デメリットしか無いだろう。

田原5連投?選手のコンディショニングにちゃんと気を配っているのか?

おそらく、投手運用を仕切っているのは尾花コーチと見受けられます。

こんなしょうもない運用しか出来ない尾花に幻滅をしました。

原時代はいいコーチぶりを見せていたのに、今の尾花は無能極まりないヘボコーチに成り下がったようです。

全てが裏の目に出る

やることなすこと皆裏目。

全ては負けるための伏線としかなっておらず、まるで手招きされるがごとく黒星に引き寄せられる状態です。

ダイソンのごとく強力な吸引力を持つ黒星に今のジャイアンツは抗う術はなく、最初から敗北は決まっているかのように、当然のごとく負けるのです。

正直、勝てる気がしません。

このチームはどうやったら勝てるんだ?

10連敗の中で一番勝ちに近かったのが、9回3点リードの6/2(金)のバッファローズ戦です。

しかし上述のとおり新守護神のマシソンが3失点して、延長戦で点を取られ、あえなく敗北しました。

この展開で勝てないってことは、もう圧勝しかないでしょうが、このチームが打線爆発する姿も想像できません。

打ってはダメ、投げてもダメ、守ってもダメ、走力もないし、ベンチワークも悪く、指揮官の勝負勘も著しく悪い。

これが、暗黒。

コールタールのごとく、漆黒の暗黒。

最下位を覚悟せよ!

ジャイアンツは現在4位で、下のチームはドラゴンズとスワローズですが、私が見る限り下にいる二チームの方が良い野球をやっています。

私は、今のままでは最下位は不可避であると思います。

この10連敗は、これまでうやむやになっていた問題を顕在化してくれたものです。

阿部、坂本、長野、村田を枢軸と称した原時代の延長線のようなチーム方針ではなく、新たに軸となる選手を発掘しなければならないでしょう。

有能なフロント、優秀なスカウト、秀逸なコーチを配置し、内部からチーム力を上げなければなりません。

壁紙だけを張り替えてお茶を濁すのではなく、大黒柱からとっかえるようなリフォームが必要なのが今のジャイアンツです。

それができねば、今年のみならず来年も最下位争いでしょう。

いずれにせよ、今年は優勝を諦めるどころか最下位を覚悟しました。

 - G考